メニュー

呼吸器内科

呼吸器科内科について

咳喘息

咳喘息は、約30%は喘息に移行するといわれております。
風邪をひいたあとに、咳が長く続く場合は、一度、呼吸器科の受診をお勧めいたします。
風邪は治ったのに、痰を伴わない咳だけが長い間続いたり、電話の時に急に咳き込んだりすることはありませんか?
またそうした症状が、せき止めなどの薬を飲んでも効かず、2~3週間続くことはありませんか?
この様な場合は、咳喘息の可能性があります。
喘息というと、息を吸うとゼーゼーというような呼吸困難が、多くの場合にみられますが、咳喘息には、そのような症状はありません。 原因自体は不明で、最近非常に増えている病気の一つです。診断も、レントゲン写真や血液検査では、困難なことが多いのが特徴です。特有な所見がないために、治療によって診断が出来る場合が多いです。

百日咳

咳が長引く場合、百日咳の感染の疑いがあるかもしれません。痰の出ない咳が長引く場合は要注意です。
百日咳は百日咳菌によっておこる感染症で、最初は風邪のような症状がつづき、その後激しい咳発作が続きます。 痰はあまりでません。血液検査で感染の有無がわかります。 子供のときに一度かかっていても、抗体が低下した場合、成人でも感染する事があります。一度検査を含めてご相談ください。

百日咳の検査を行なっています

血液検査で百日咳の検査を行なうことができます。結果は約1週間後にでます。結果はご本人が聞きに来ていただきます。
検査希望の場合は、保険証持参にて来院の上、受付にて「百日咳の検査希望」とお伝えください。

喘息(ぜんそく)

喘息とは、空気の通り道である気管がせまくなることで呼吸が苦しくなる病気です。
疾患の病態が明らかになってきた現在では、治療の原則はステロイドの吸入※1と、気管支拡張薬の吸入です。
症状にあわせて、計画的に治療することで、発作の頻度を最小限にすることができます。
喘息治療薬は、発作時に使用する薬(レリーバー)と発作を予防するために使う薬(コントローラー)があります。
喘息の治療は
 (1)発作の症状がないのでレリーバーを使わなくて良い状態
 (2)呼吸機能が正常に保たれている状態
 (3)日常生活が健常人と変わらないようにおこなえる状態
が目標です。 目標達成のため、医師の指示にしたがって根気良く治療することが大切です。

※1  吸入ステロイドは体内に入る量が少なく、副作用はほとんどありません。

肺炎について

色々な細菌によって、肺に炎症をおこしたものを肺炎とよびます。多くは細菌やウイルスによって肺炎を起こします。症状は発熱・咳・色のついた痰です。時折、呼吸が苦しくなることもあります。
まれに、マイコプラズマ肺炎、クラミジア肺炎があり、それらは、咳だけが長期間持続する一方で痰が出ない特徴があります。 咳がある場合は、早めの受診と検査をお勧めします。

睡眠時無呼吸症候群

仕事をしていて、昼間の眠気やだるさは、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸をしていない時間があることで、ぐっすり眠ることができなくなる病気です。
そして、これらがあることで日中いつも眠く、頭痛やだるさがあることがあります。
さらに、高血圧、不整脈、そして糖尿病の原因になることもあると言われています。以上のような症状がある方は、早めの受診と検査をお勧めします。

イメージ

新宿オークタワークリニック

新宿区西新宿6-8-1 新宿オークタワーLB階

03-5381-0551

診療時間 日祝
9:00~13:00
14:30~18:30

△土 9:00-12:00
休診:日・祝・夏期休暇・年末年始

[ 最寄り駅 ]
・丸ノ内線 西新宿駅 2番出口 徒歩3分
・大江戸線 都庁前駅/丸ノ内線西新宿駅/新宿駅 ヒルトン東京経由 C8出口 徒歩1分
・大江戸線 都庁前駅 A5出口 徒歩6分
・JR/私鉄/地下鉄 新宿駅中央西口 徒歩11分

[ お車でご来院の方 ]
首都高速4号新宿線新宿出口3分
住友不動産新宿オークタワー駐車場
¥250/30分(※上限金額設定なし)
(公園通り沿いの出入口、平面・機械式309台、ハイルーフ可)

pagetop