メニュー

循環器内科

循環器内科

高血圧について

健康診断で高血圧を指摘されることもあるかと思います。ただ、健診や病院に来て血圧を測ると、緊張のせいか血圧が上がってしまい、普段より高めの測定値が出ることがあります。これを、白衣高血圧と言います。
また、逆に普段の血圧が高いのに、クリニックに来ると安心し、リラックスすることから、血圧の測定値が低めに出る方もいらっしゃいます。これを、仮面高血圧といいます。
もし、血圧の測定値が、上が(収縮圧)140mmHg、下が(拡張圧)90mmHgとなるときには医師に御相談ください。
本当に治療が必要な高血圧かどうかを判断するために、診察をおすすめします。

ただ、なかなか受診できない方は、まずご家庭での血圧測定をしてみてください。家で測定した血圧が135/85mmHg以上である場合は治療が必要な場合があります。
また、もし可能であれば、起床後の血圧と就寝前の血圧を測定していただくとより判断がしやすくなります。
高血圧治療ガイドライン2014(最新版)では家庭内血圧による血圧コントロールを推奨しています。家庭内血圧が高い場合は詳しく検査することが重要です。

高血圧を放置しておくと、大変危険です。ふだん何も症状がなくても、ある日突然、脳出血や脳梗塞、狭心症や心筋梗塞を引き起こす場合があります。
また高血圧で動脈硬化が進むと、腎不全や、解離性動脈瘤を引き起こす場合もあります。
当院では、両手両足の血圧を測定することで動脈硬化の具合がわかる血管年齢測定機があります。測定直後に結果をプリントアウトしたものを医師よりお渡しすることができます。
早めの受診・検査と適切な治療が必要です。

狭心症

心臓は全身に血液を送るポンプの働きをしながら、心臓自身の筋肉に酸素や栄養をおくる血管もあります。この心臓をぐるりと一回りしている血管を冠動脈といい、この血管が何らかの原因で狭くなると、十分な血液が心臓の筋肉に送ることができなくなり、胸の痛みや胸部圧迫感を感じるようになります。
これを狭心症と呼び、長時間心臓の筋肉に血液の流れが途絶えると心臓の筋肉が壊死してしまう心筋梗塞につながることもあります。典型的な狭心症は、運動したときに胸がしぼられるように痛くなるとはいいますが、軽度の狭心症は胸部不快感のみのこともあり、いつも通り外出、出先で急激に症状が出て来ることもありますので、少しでも心配なことがありましたら当院へご相談ください。
当院では、レントゲン、心電図で狭心症の判断がその場ですぐにできる他、採血により心筋梗塞の有無が最短15分でわかります。万が一それ以上の診断や治療が必要な場合は、患者様のご希望を踏まえながら、適切な医療機関へ迅速にご紹介や搬送の手続きをします。

心筋梗塞

心臓に酸素や栄養を送っている血管である冠動脈が詰まると、心臓の筋肉が壊死をしてしまうことがあります。
この状態を心筋梗塞といいますが、最近では上記の狭心症から続く一連の疾患群と捉え、急性冠症候群(ACS; Acute Coronary Syndrome)と呼ぶようになってきました。心臓の筋肉の壊死の程度や、その場所や範囲によって症状や予後は異なります。
症状が一過性のものであり心筋が可逆的な一時的な虚血に陥った状態なのか、不可逆的な虚血状態にさらされて心筋が梗塞にまで進んでしまった心筋梗塞の状態なのかは、大至急調べる必要があります。歩くことができないほどの強い胸の痛みや 症状は、胸の中央が、しぼられるように痛くなります。
このような場合は、大至急、医療機関を受診してください。
また、自覚症状がそれほどでもないと思っても、当院の心電図は、通常の12誘導にさらに右側誘導( V3R・V4R・V5R )・背部誘導( V7・V8・V9 )を加えた導出18誘導心電図が測定できますので、通常の心電図で苦手な心臓の右室側および背面(後壁)側での病変の観察を描出することができ、右室梗塞・後壁梗塞の発見可能性が高まります。
気になる症状がありましたら当院へご相談ください。

不整脈

通常我々は規則正しく脈を打っているものですが、不整脈がある場合、脈はバラバラとなり、ときどき首が持ち上げられるような不快感を自覚することがあります。特に、夜、寝る前にこの不整脈があることで不快感は大きくなることがあります。
殆どの不整脈は、良性の場合が多いのですが、時として、心停止など生命の危機にさらされるようなものもあります。
脈の乱れを感じるときは、早めの受診と検査をお勧めします。
当院の心電図は、通常の12誘導にさらに右側誘導( V3R・V4R・V5R )・背部誘導( V7・V8・V9 )を加えた導出18誘導心電図をその場で測定できます。

また、いつも自宅や職場では不整脈を自覚することがあるのに、来院して受診した時にはその症状がなかったり、心電図異常が見られないといった場合はどうしたらいいのでしょうか。
当院では予約なしでホルター心電図を測定することができます。ホルター心電図とは、日常生活を送りながら、その中で発生する不整脈の心電図を自動的に記録する機械です。検査中、シャワー入浴や飲酒も可能です。
このように一日中の全心電図を記録することで、自覚症状のあった時の脈の乱れが良性のものであるかの判断ができます。反対に、自覚症状はなかったのに治療が必要な不整脈が発見されることもあります。
気になる症状がありましたら当院へご相談ください。

心房細動

疲労が蓄積した場合や、ストレスフルな生活、睡眠不足などで脈が乱れる場合は、心房細動の可能性があります。
心臓にある4つの部屋のうちの心房と呼ばれる部分が小刻みに振動している状態が慢性的に続くと、心臓の中に血のかたまりである血栓を作ることがあります。
こうしてできてしまった血栓が、心臓から離れて血管を通り、脳の血管をつまらせたりする脳梗塞を引き起こすこともあります。

また、心臓がおおよそ1分間に140回以上振動するというような頻脈が長く続くと、心臓(心室)の働きが悪くなって心不全という状態が起こる可能性があります。
もし心房細動の場合は、放置すると、心不全や脳梗塞を、おこす可能性がありますので、早めの受診と検査をお勧めします。

イメージ

新宿オークタワークリニック

新宿区西新宿6-8-1 新宿オークタワーLB階

03-5381-0551

診療時間 日祝
9:00~13:00
14:30~18:30

△土 9:00-12:00
休診:日・祝・夏期休暇・年末年始

[ 最寄り駅 ]
・丸ノ内線 西新宿駅 2番出口 徒歩3分
・大江戸線 都庁前駅/丸ノ内線西新宿駅/新宿駅 ヒルトン東京経由 C8出口 徒歩1分
・大江戸線 都庁前駅 A5出口 徒歩6分
・JR/私鉄/地下鉄 新宿駅中央西口 徒歩11分

[ お車でご来院の方 ]
首都高速4号新宿線新宿出口3分
住友不動産新宿オークタワー駐車場
¥250/30分(※上限金額設定なし)
(公園通り沿いの出入口、平面・機械式309台、ハイルーフ可)

pagetop